妊娠線予防クリームをケチった結果できてしまった妊娠線

一人目の妊娠の際、友達内で子どもが出来たのは私が初めてでわからないことばかりでした。某雑誌やマニュアル本のようなもの、ネットでの情報を読みあさって色々な知識を勉強しました。中でも衝撃的だったのが妊娠線。当時まだ21歳でしたし、新婚だったのもあって、えー!こんなにビリビリの傷ができちゃうの!?と、驚きました。すぐに妊娠線予防のクリームを近くの薬局で購入してきて、初期から丁寧に朝と夜お風呂上がりにお腹に塗り込みました。まだネット通販などが盛んではなかったので、口コミとかもわからず、雑誌でおすすめされていたものを使いました。しかし、クリームは高い。お腹が大きくなるにつれて塗る範囲も広くなるし、明らかに皮が張ってきていて多目に塗るように。すぐになくなるので買うのですが、収入も少ない家計には痛かったです。予定日まであと半月のところで、クリームを買い足すか悩み、余ってももったいないと思い、最後の1つだとなぜか決めて購入しました。その気持ちもあって、塗る量を以前より少なく使うようになりました。あと少しで出産でしたし、そこまで妊娠線らしいものができていなかったので完全に油断してたとも言えます。それからしばらくして、安産の為に毎日ウォーキングをしていたのですが、歩いてるときに下腹部辺りがピリッと痛む感じがありました。腹帯で支えていたのですが、痒いような痛いような変な感覚がありました。嫌な予感がして、帰ってすぐ鏡で確認したところ、見事に薄い赤い妊娠線ができていました。日に日に増えていって、もうクリームではどうにもなりませんでした。あのときクリームをケチったせいなのか、背が小さく細身だったので仕方なかったのかわからないのですが、多少後悔しています。産後は妊娠線と伸びた皮で縦にも横にもしわしわのお腹にげんなりしていましたが、年月がたてばさほど気にならなくなりました。二人目、三人目の時、今度こそ絶対に妊娠線を増やさない!と意気込み毎回クリームを塗ったのですが、回を重ねるごとに赤ちゃんも大きくなり、お腹も伸びやすいのか大きくなり。三人目の時は、ほとんど諦めてしまいました。乾燥をふせぐ程度に色々、妊娠線予防専用のクリームではなく、家にあるものを塗るようにしていました。一番お手軽で塗りやすかったのは、ココナッツオイルでした。お風呂上がりに体が濡れたままの状態でココナッツオイルをお腹と、ついでに腕や足へのばしてました。冬場はその上からニベアの青缶や手持ちのクリームを重ね塗りです。意外とこれが良かったのか、三人目の時が一番妊娠線が増えなかったと思います。それにしても、初めて妊娠線が出来たときのピリッとした痛痒い感覚は未だに覚えています。その時のショックは、きっと忘れれないかと思います。でも、今となっては、子育てに追われる毎日で、妊娠線は全然気にならないです。むしろ忘れてます。ほとんど目立たなくなりますし、あまり神経質になりすぎないほうがいいのかなとも思います。

妊娠線を防ぐために私が使ったものはコレでした

只今第二子妊娠中です。第一子妊娠中、妊娠線ができるのはぜったいに嫌だと思い、早々にケアをしようと思いました。調べてみたり、サンプルで手に入るものは割と値段の張るものばかりでした。でも一度できたら消えないと聞くし、でも、これから赤ちゃんにお金もかかるし。悩んだ末に私が使ったのは、ドラッグストアに売ってる安いボディクリームでした。値段が安い分たっぷり使いました。お腹だけでなく、ウエスト、胸、お尻にも。おかげで妊娠線ができることなく済みました!!想定外だったのは正中線です。胸の下からへその下までくっきり!消えるとはいえ、あまりにくっきりできて不安でした。出産後かなり時間をかけて消えていきました。半年はかかったと思います。ですが、なぜか、へその下は2年経った今でもうっすら残っています。
問題は第二子妊娠中です。気にはしてたものの、なにせ2歳の手のかかる子どもがいるので、ゆっくり塗ってる暇なんてありません。しかも安定期に入る頃には真冬。とっても乾燥してました。子どもとお風呂からあごるとバタバタして塗り忘れることもしばしば。夜寝てて気付くと乾燥したお腹が痒くて痒くて。それでも、起きるのが面倒くさくて寝てしまってました。
ある日、ふと鏡をみると、顔に今までなかったシミがたくさん目尻にできていました。そうです、顔のケアもかなり怠っていました。1人目妊娠中はこんなことなかったのに、とショックでした。
そこからは、気持ちを入れ替え、忘れずクリームを塗ることにしました。さすがに丁寧に時間をかけている余裕はありませんが、たっぷりたっぷり惜しみなく。いろんな商品が出ていますが、とにかく乾燥させないことが何より大事なんだと思います。なので、惜しみなく使えるように、安い商品を使うことをオススメします!
私の友達は油断して、普段自分じゃ見えないお腹の下〔お腹がでっぱると見えなくなる〕やお尻の下にくっきり黒い線が出来てしまっていました。もう、ビキニを着たりすることもないと思いますが、夏の薄着でチラッと見えたりしますし、温泉にも気にせずいきたいですもんね。そして、私の母のお腹にはたくさん妊娠線が出来ているのを子どもの頃からお風呂の度にみていて、シワだと思ってました。子どもって結構見ています。子どもたちにとっても少しでもキレイなお母さんでいたいとおもうので、残りの気を抜かずにケアをしてキレイなお腹を保っていきたいと思います!

私は、妊娠線はできませんでした。クリームのおかげです。

私が、妊娠線について感じた事を少し、お伝えします。私は妊娠4ヶ月頃に、おなかが引っ張られるようものを感じ、それと、少しかゆみもあったので、おなかに何か塗っておきたいと思い、使い始めたのが、妊娠線用のクリームでした。たまたま出掛けた、ドラックストアで見かけたクリームを購入。帰宅して使用してみると、特に匂いもなくクリームの伸びよく使いやすいというのが、印象でした。”これは、継続して使えそう”。と思い使い始める事にしました。
 使ってみると、まずは、かゆみが和らぎ気持ちいいです。このクリームをお風呂上りに塗るのが、わたしのひそかな楽しみに。そして、リラックスタイムに。塗る場所は、お腹とふともものあたりに、たっぷりと塗りこむようなイメージで塗りました。そうすると、クリームがお腹に馴染んで、かゆみも和らぎます。塗り込むがひとつのポイントのような気がします。
 特に、妊娠後期のお腹が大きくなってきた時には、お腹は”ツルツル”。まさに、”診せられるお腹!”でした。それから、私がクリームを塗り始めたのには訳が…。それはやはり、検診の時。毎回、看護婦さんや、先生の前でお腹を出し、エコーの前にゼリーのようなものをお腹に塗る事を知り、”これは、きれいなお腹でいなければ!恥ずかしい!”っと思ったのが最初です。今まで、ありがたい事に病院にかかる事もなく、人前でお腹を出す機会はなかったので、クリームで予防できる事を知り嬉しかったです。幸い、クリームのおかげで出産の時までお腹はきれいな状態でした。
 その他、クリームを塗っていて気づいたのですが、お腹の赤ちゃんにも良いような気がしました。それは、お腹の赤ちゃんと自然とお話しているような気持ちになれるからでした。私は、クリームを塗り忘れてしまわないように、いつもお風呂上りに塗る事に。お風呂に入り”あ~さっぱり!”と思い、バスタオルで体を拭いた後にクリーム塗ると、自然と”さっぱりして、気持ちよかったね。こんどは、お腹に塗るクリームだよ。これも、気持ちがいいよね。”なんて言いながら、クリームを塗っていました。
 今では、きっとこの”リラックス感”が子供に伝わっていただろうなぁと思います。 こういう時間が、その後の育児にも大切なのではないかと、今、3歳の子供を見ていて思います。妊娠線クリームでこれから始る育児を前に、お子さんと健やかな妊娠期を過ごして欲しいです。