妊娠線、ケアしていてもお腹の子供次第かも

私は2人の子供がいる今は、専業主婦です。
2人出産しているので、2回の経験を書いていきます。
1人目は、女の子。初めての子供と言うのもあって、妊娠初期から妊娠線には気を使いケアしていました。
結果から言うと、妊娠線見事にできました。
検診の時に大体の胎児の大きさを測ってもらいますよね。その時に、全然大きくなっていない期間とビックリするくらい大きくなってる期間とがありました。ケアしていても、大きくなってる期間はお腹が痒い事がありました。予定日は、12月で、ちょうど暑い時が痒くて痒くて夜寝ているときに知らぬ間に掻いていたからかは、わからないですが、暑さも落ち着いた9月の半ば頃、痒いのと痛いのとどうしたものかと、お腹も大分大きくなっていたので下を見る事が出来なくなっていたため、お腹の下を鏡で見てみると、見事なスイカの様に赤い線が縦に何本もパックリお腹が割れていました。妊娠初期からケアしていたのに、それを見た時は凄くショックでした。妊娠線の痛みが落ち着いて来た10月、予定日よりも2ヶ月も早くに突然の陣痛。そのまま出産しました。体重は超未熟児の1600グラム弱でした。世の中のママさんはこの倍もの子供を出産するのに妊娠線が出来ない人もいるはず、なのに何で私がと悔やみました。それでも、産まれた子供には超未熟児でも問題はなく、今では同じ学年では大きい方にまで育ってます。
2人目、最初の子供で出来てしまった妊娠線。これ以上増やすまいと、またまた初期からケアしていました。
今度は順調に週数通りの成長具合。
予定日は、上の子供と同じ12月。油断禁物なので夏からは朝と晩のケアをしていました。それでも、夏はお腹が痒くて掻いていました。ちょうど上の子供で言うと妊娠線が出来てしまった9月、下の子供は逆子でお腹の張りが強く、張り止めの薬を飲んでいました。また早産するかもしれなかったので、仕事を辞め家に居たので、暇さえあれば、お腹を触って張っていたり、乾燥していたらクリームを塗っていました。そのかいがあってか下の子供も早産だったけれど、体重が3000グラム近くあったので一緒に退院出来ました。
お腹の子供が小さくても、初めての妊娠で出来てしまった妊娠線。お腹の子供が大きくても2人目の子供の時は出来なかったので。妊娠線は、ケアしていても出来てしまうかもしれません。逆に何もしていなくても出来ない人は出来ないかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です